免疫力低下を防ぐ秘訣とは

 

免疫力は病気を防ぐために必須なものです。
人間は免疫力さえ高ければ、病気になりにくく、肌トラブルも起こりにくいのです。
免疫力低下のサインは、風邪をひきやすくなることです。
口内炎ができやすくなる方も注意が必要です。
ニキビなどの肌トラブルが多くなってきた場合も同様に、免疫力低下が考えられます。
免疫力低下を防ぐためには、ストレスを溜めない生活が必須となります。
そのためには、睡眠時間の確保、アロマテラピーなどのリラックス療法、スポーツによる気分転換、バランスのよい食生活が必須となります。
「病は気から」と言いますが、これはストレスが病気を誘発することを指しているのです。
食生活の乱れは、栄養不足による身体へのストレスが危惧されます。
野菜・果物をあまり食べない方は注意が必要です。
ビタミン・ミネラルが不足してしまい、抗酸化力の弱い、つまり免疫力の低い身体になってしまうのです。
野菜にはカロチノイドも含まれているため、1日350gは食べるようにしたいものです。